2018/06/29

【ポーランド戦】ブーイングなど気にしない :-)

本当に噂通りの攻撃陣総入れ替えだった。すごい度胸だな西野監督。

で結果としていくらポーランドが不調でやる気なくても、チーム西野の B チームはそれよりも弱くて通用しなかったということで、若く有用なアタッカーを数名わざわざメンバーから落とした西野監督のチームはやはり戦力が薄かった。予選活躍した右アタッカー久保を落として、そこにディフェンダーの酒井高徳を置いたんだからね。左だってポルトガルで大活躍の中島を呼ばなかったのだから。

最後はもうこれ以上点を取られたら即敗退なので、10 分試合を殺して、裏で勝ってるコロンビアが追いつかれないよう祈るのみという情けない展開。すごいブーイング。すまんサッカー世界! これが現状日本の実力なんです。しかし次に進めたら今度はもっといい試合する。それは約束する!

ワールドカップで日本がブーイングされるというのは初めての経験だったので、痛かった。しかし仕方ない、次はいい試合します。ゴネンネゴメンネーサッカーワールド!

しかし最後のボール回しは、俺はぜんぜん気にしていない。さらに攻めたら危ういとは自分たちが一番わかってたので、海外からの批判を読む気もしない。主力温存しつつギリギリ1次突破できた日本は、ベルギーと全力で戦える。これも自分たちが一番感じている。まあ次を見ていてくれというところです。

 ◇ ◇ ◇

正直今日入れ替えがあった攻撃陣は連携も取れておらず個人技では通用せず、ワールドカップのレベルでは厳しいと思うプレイぶりだった。DF の前に突っ込む岡崎のダイビングヘッドだけはさすがだと思ったが、彼も故障上がりでやっぱりダメでしたと交代してしまった。西野監督のW杯戦力はきっちりAチーム1チーム分しかない。

しかしそのAチームが休養を取った状態でベスト16戦を戦える態勢を、西野監督はこの総入れ替えというギャンブルで手に入れた。いや負けたのだから賭け自体は外れだったのだが、「裏でコロンビアが逃げ切る」という方に賭けたコインだけが当たって次に進むことができた。

2002 年W杯での対戦時からベルギーはスター揃いの世界3位とすごいチームへと成長してしまったが、日本もこの4年間が一番成長したのだというのはセネガル戦ではっきりした。それを見せてやろう。

2018/06/24

【日本-セネガル】日本代表の完全体が生まれた


いやーよく頑張った。日本はこうして敏捷性と技術とアイデアと経験を使い戦おうといつも思っていたのに、過去のワールドカップでは一度も思い通りにできなかった。ついにできた。それができた理由は、この4年間の使い方が正しかったということなのでしょう。個人としても、チームとしても。

1998年 弱小アジア勢としての奮闘にとどまるレベルだった
2002年 黄金世代だったが、トルシエのカリスマが徐々に薄まり消えた
2006年 ジーコが敵の策謀(例:俊輔つぶし)に対抗手段を持たなかった
2010年 守り倒してカウンターは効いたが、それ以上がなくパラグアイを破れなかった
2014年 今日のようなことをやりたかったが、相手が強いとできなかった

今日の試合を評し、「アギーレ・ハリルという進化素材を使ってザックジャパンが完全体になったような試合」というコメントをネットで見て、なるほどなと思った。何が欠けていたかと言えばおそらく、「球際の強さ」なんだろう。面白みがないと批判されながら二人の外国人監督がこの4年間要求し続けた「球際の強さ」が、強敵にどれだけ圧倒されずやれるかという試合のペースを決めるわけで、ペースを掴めば日本には、これだけやれるタレントがもともといたのだと思う。

カズも名波も森島も中田も俊輔も小野もうまかったじゃない。その才能をついに本番で使えるところまできたぞと。世界と戦う力を俺たちは持っているのだと、日本が自信を持ってやれる初めての大会になってきた。まあ今回は監督交代という事情で、その力は今のスタメン限定かもしれんけど。

◇ ◇ ◇

ところでですね。初戦コロンビア戦での引き分けで日本の今の状態が思ったよりもずっといいと私は感じ、同グループのセネガル-ポーランド戦を見てこれは日本が1位抜けの可能性が出てきたと心配になってきた。夏の日本旅行の飛行機チケットを取るときにちょっとだけ懸念していたのだが、実は1位抜けだと移動中で試合を見れない可能性がある💀! 今日の結果でさらに現実味が高まってきた。日本がポーランドに勝ってしまうとベスト16戦(vs英国?)を見れないかもしれない。なので次節はですね、引き分けで2位抜けしてくださいお願いします :-)

2018/06/19

【日本-コロンビア】ハリルジャパンでやってきたことが

【日本-コロンビア】最後15分は寝ていた娘を起こして見た。

(アナ)日本はワールドカップで初めて、南アメリカに勝利したアジアの国となりました!
(娘)イエーイ!!(インスタグラムに画面写真投稿)


やった。えらいジャパン。最後まで戦い抜いた大迫と原口は本当にえらい。

PK後コロンビアがフルパワーで攻めてきた時間も日本が前からガツっと守れていたのは感動的だったな。こんなにピッチ全面で戦った代表はなかったよね。日本にとって危険な箇所での1対1が発生しないのは、そこに運ばれる前ですべて止めていたからで、これはハリルジャパンでやってきたことが無駄になってないということなんではないかと思った。それで勝てたんだと思う。

敵が猛烈右サイドアタッカー・クアドラードを下げ守備力を上げたことで膠着した試合にされてしまったが、クアドラード対長友&乾をずっと見ていたかった気もする。クアドラードが残っていたらもっと派手な試合で日本がやられたかもしれないが、相手名将がそれでは負けると読んで守備を固めたわけだから、日本の前からプレス&速攻には明らかに可能性があったのだ。

ハメスが入って日本に攻撃スペースができた頃には、香川に脚がなくなっていたのが残念。しかし1勝と3ポイントとコロンビアを破ったという自信をもって次に行ける。なんという幸せでしょうか。

2018/06/10

カナダ高校の卒業式―「仰げば尊しはペアレンツにも言え(笑)」



今日はムスメの高校卒業式。日本の卒業式とはだいぶ違って、まず人数がすごい。なんと卒業生500人! それに加え全父兄が集まるので学校の体育館とかじゃ人数が収まらないからなのか、バンクーバーの有名なホールを借りてのセレモニーなのだった。

そして日本と違って在校生がいない。「卒業生のお兄さん、お姉さん、おめでとうございます!」って送辞をやらないわけですよ。教科の先生たちもおらず、立ち会いは校長ほか役職者と来賓の市長のみ。つまり卒業式の趣旨が日本とぜんぜん違って、お別れの式ではないわけ。



ではなんなのかというと、ここまで幼稚1年小学5年、中学3年高校4年の計13年のハードな学業をよく勤め上げたと、学業達成を褒め称える式なのだった。実際カナダの高校は日本に比べると格段に学務が厳しいので(適当にやってると落第する)、みんなそれぞれ卒業するために頑張ったわけです。娘も宿題で何度も涙を流してたもんな。学校のカウンセラー(学業から個人的なことまで何事も相談できる先生)にもお世話になった。



なので映画でよく見るこういうガウンを着て帽子をかぶり(有料)、素敵な会場でフォーマルなセレモニーをやってお金をかけ、1・2・3、フゥーーッ! と帽子を宙に放り投げて寿ぐという、なんというか大人になるための盛大な儀式という感じの式なのでありました。なるほどなー。参加してみて初めて違いがわかった。校長も来賓も、君たち生徒も偉いがサポートした先生にもペアレンツにも感謝しろとそればかり言っていた。仰げば尊しはペアレンツにも言えということなのか。

卒業生が1人1人壇上に上がり証書的なものをもらう部分は日本と同じだが、1人1人が予め書いておいたメッセージが先生により読み上げられるのがよかった。「マム、ダッド、これまでありがとう」といった感動的なものから、ひとこと「イエイやったぜ!」といった笑いを取る短いものまで、バラエティに富んでいる。なにせ500人なのでぐったりするほど長い式なのだがメッセージ自体はオリジナリティがあり、飽きさせないものであった。

私ら親オーディエンスが不満だったのは、壇上のスターである子供らが一度も客席に顔を向ける段取りになってないことで、ここはカナダ教育者バカかとイライラしていた。一生一度の晴れ舞台ではないか。くるっと客席を向き笑顔を見せるだけで、本人も友だちも親もどれほどうれしいことか。気の利いた人気のある子は壇に上がると踊ったりポーズをつけたりして拍手喝采を受けるわけ。しかし普通の子はシーンとした中緊張した横顔でただ通り過ぎるだけなので、かわいそうだったのである。




そして終わると仲良しが集まっての写真撮影。かわいい :-) 高校になると親が参加する学校行事なんてゼロなので久しぶりに見る旧知の子も多く、みんな大きくなったなあと感慨を覚える。ご苦労さまでした。おめでとう。

まあ様式美でいえば、全校で別れを惜しみメソメソする日本式の卒業式のほうが泣けてよいとは思いました。娘高校の場合これからまだ2週間学校があるし、そのあとでまたプロムがあるというアンチクライマックス卒業式(笑)。

◆  ◆  ◆  



終わったあとはガウンを着た娘の服装がやたらカッコいいので、バンクーバーの街なかでモデルにして写真を撮りまくった。ちょうどMLSの試合でスタジアム前は盛り上がっていた。女子ワールドカップを思い出すよね。3年前もここで盛り上がった。



ガウンを着て歩いていると道行く人々が、「コングラチュレーションズ!」と声をかけてくれる。とてもハッピーなムードの初夏の日でした。おめでとうムスメ、ご苦労さま。大学へ行っても大変だろうが、頑張ってくれ。