2018/11/09

IH 調理器の革新性


10月に圧力鍋を導入しトロトロ角煮が食べられる幸せを噛み締めているのだが、今月は思い立ってインダクションクッカー(IH 調理器)を買った。これはいいですわ。野菜を瞬時に炒めるこの火力! パワーを上げれば数秒で希望の温度に達し、下げれば同じく即下がる。まるでガスコンロのよう。これまでの電気コンロとは同じ電気でなんたる違いでしょう。


先端技術ってなんてすごいんだと感動していると、ムスメが笑って写真を撮ってくれた :-)

そして IH 調理器用にスチール底のフライパンも買うと(IH では磁石にくっつく鍋だけが発熱する)、自分史上ベストのハンバーグが焼けた。予熱が残りすぎ温度の上下が効かないキャストアイアンの激重フライパンよりもカリカリふわっとうまく焼けたし、ノンスティックのセラミックコートなのでソースがパンに固着して無駄になることもない。素晴らしい。

いやー料理は面白いな。道具をちょっとよくするとたちまち味がよくなる。食べてる家族にはそこまでデキの良し悪しは伝わってないのだが、作ってる本人はわずかな違いが手に取るようにわかる。どこかで失敗すると食べていても実に悲しい(笑)。

昨日は日本の母さんに電話し、これ見てくださいよと IH 調理器をビデオ通話で見せました。うちもガスコンロが壊れてきたから試してみようかしらと彼女は言っていた。設置場所があるならいいよね。炎が出ないから安全だし、シングルコンロで1万円しないですよ。◆